冬は空気が乾燥してくるので、それによって肌の潤いも奪われます。水分が奪われて肌に潤いが足りないと肌荒れやシミ、シワなどを起こしやすくなるのでケアが必要です。潤いが足りない肌のトラブルを起こさない為にもお手入れを念入りなお手入れを心掛けてちょうだい。乾燥する時期のスキンケアのコツは肌を乾燥指せないという意識を持つことです。冬になると冷え(最近では低体温の人が増えているといわれています。人間の平熱は本来36.5℃で、これは酵素が最も活発に働く温度でもあります)て血液が上手く流れなくなります。血行が良くないと肌細胞に満足な栄養が届かず、新陳代謝に支障をきたしてしまいます。そして、肌トラブルを起こしてしまうので、血行の促進を心がけてちょうだい。普段から、血のめぐりが良くなれば、代謝が上手くはたらき、美肌になりやすいのです。肌荒れが気になる時には、セラミドを取ってちょうだい。セラミドは角質層において細胞に挟まれて水分や油分といっしょにある「細胞間脂質」のことです。