脱毛を検討するパーツとして多いのは、脚や腕といった部位に加え、1本でも生えていると幻滅されてしまう脇が一般的ですが、最近は、アンダーヘア(いわゆるVIO)をケアする女性もじわじわと増えてきています。
さらに、うなじや鼻と口の間、手足の指の背、胸の周りやおへそ周り、背中から腰(実は、立っているよりも座っている方が負担がかかっているそうです)にかけてのラインなど、気になる部位は本当に人によって異なりますし、つま先・指先まで、全身のムダ毛を100パーセント処理したいという女性もいます。
ムダ毛サロンによってもケアできる部位が異なる場合があるんです。
ニードルと言われる針を使う脱毛は毛穴一つ一つに針を入れてわずかな電気をとおし、毛を創り出す毛母細胞を消滅させます。
たいへん手間のかかることですし、最も強く痛みを感じる方法かも知れませんが、永久脱毛に近い効果が得られると言えます。
確かなプログラム(カリキュラムと呼ばれる学習計画やマニフェストと呼ばれる政党の選挙公約などを指すこともあるようです)で育成された施術者に施術してもらえれば、もうムダ毛で悩まなくてもよくなるのです。
スキンケア大国であるイスラエルの技術者チームが開発したセンスエピは家庭用フラッシュ脱毛器のシリーズでカートリッジ交換不要(※本体のみで5万回照射可能)という手軽さがうけています。
出力調整は5段階あり、部位によって刺激を抑えることができ、顔から首筋、うなじまで、微妙に肌の濃淡がちがうところも最適かつ安全に脱毛できます。
シリーズ中もっともコンパクトなセンスエピGのクチコミを見ると、本体のサイズ・軽さ・スイッチの位置などは使いやすく、丸みを帯びた形状でホールドしやすいため、位置を選ばず脱毛しやすいと言われています。
ただ、口周りなど細かい部分への照射も考慮された製品のため、照射面積が小さく、照射面積の広さを謳った他製品と比べると、広い範囲の処理は時間をかけなければなりません。
いちばん小さなセンスエピGは1万円台と、価格帯としては低いほうの部類ですので、用途を限っていえばそれなりの評価が得られる製品だと言えるでしょう。
さて、VIO脱毛をご存知ですか?医療脱毛でも行えます。
痛みを我慢できる方でないとお奨めできませんが、その後、生えにくくなることを考えれば我慢できるかも知れません。
もう一つの脱毛方法であるレーザー脱毛は、限定的な範囲で処理していきますので、細かく範囲を調整できる利点があるのです。
どの程度Vラインを脱毛したいのか、それぞれ好みがあるんですから、脱毛しすぎないように少し痛いかも知れませんが、医療脱毛を選択するのが良いでしょう。
家庭で使える脱毛器には、デリケートゾーンの脱毛ができるものもあります。
エステサロンなどのお店でVライン(アンダーヘア)の脱毛をして貰うのは恥ずかしいし、かといって処理はしたいしと思っている方は、家庭用の脱毛器を使って自分で処理するのも良いでしょう。
皮膚(実は常在菌がいるそうです。
そう考えるとちょっと怖いかもしれません)がやわらかく痛みを感じやすい部位ですし、弱い出力で気長に処理したほうが良い場合もあります。
ですから、出力の強弱をコントロールできる脱毛器を購入すれば、自分のペースに沿った無理のない脱毛ができるでしょう。
エタラビでなかなか次の来店予約がとれないという欠点を指摘する声があるんですが、その一方で、同社が宣伝費などにお金をかけていない分、ユーザーとしては比較的安い価格で脱毛の効果が得られるというメリットを指摘する声もあります。
人や店舗によるアタリハズレはあることですが、お店によってはプランニング時に少し強引だったり、(忙しいから?)雑な態度のスタッフなど、不快感を感じたという話もききます。
ただ、お店そのものは高級感のある内装が魅力ですし、その割に安価な価格で全身脱毛が出来ますから、やはりエタラビは良いと絶賛されているのも事実です。
イーモはダブルショット(2連射)モード搭載の家庭用のフラッシュ方式を採用した脱毛器です。
特筆すべきはそのコスト。
1つのカートリッジで約6
000回照射できるため、1照射にかかるお値段は1.40円と非常にリーズナブルだといえます。
チャージタイムは脱毛器としては普通だと思います。
1度照射して約10秒ほど待ちます。
パワーUPした後継機が発売されたのですが、使いやすさとコストの点でイーモにも依然として人気があるんです。
型落ちとか在庫処分という触れ込みで、お得なセール価格で買えることもあるそうです。
機能や部位が限定されている脱毛器の場合、価格は安くなる傾向があるんです。
しかし「安すぎる」脱毛器というのは、よほど用途を限定している人やムダ毛が薄い人を除いては、ほとんどの場合は期待はずれのそうです。
せっかく脱毛器を購入するのですから、ムダに勉強代を払ってしまわないように自分の要望にあった性能を持った製品を購入しましょう。
価格的には高くても、思うような脱毛効果が得られなければ無意味だと思います。
充分な性能を選ぶほうが長く使えて、結果的に満足感が高いでしょう。
アンダーヘアの自己処理を脱毛器で行うのであれば、クチコミはあてにせず、メーカー側できちんとアンダーヘア対応を謳っている脱毛器を選ぶ必要があるんです。
脱毛はできても、アンダーヘア非対応の機種があるんですので、そのようなもので脱毛をすること自体が危険ですので、火傷を伴う事例が報告されていますし、ほてりやかゆみ、赤みなどの炎症を引き起こすこともありますので、メーカーが推奨している用途以外での使用は避けなければいけません。
また、アンダーヘア脱毛対応機種の中でも、出力を調整できるものなら、痛みや脱毛を最小限に抑えて脱毛することが出来ます。
芸能人が頻繁に利用する脱門サロンとしては、真っ先に脱毛ラボが思い浮かびませんか。
しかし、芸能人が利用していることが必ずしも満足のいく脱毛効果やサービスが得られるとは限りません。
芸能人御用達とうたえば宣伝となるので、正規料金ではなく特別価格で施術を行っている可能性が無きにしも非ず、です。
口コミの他にもお店の情報をよく調べてから改めて考えてみてください。